自身の思い込みに惑わされてはいけない 「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」を読んだ。

科学と真理は、近づくことはできてもけっして重なることはできない、ある意味とても切ない関係なんです。

やさしく科学を説明しつつ、
世の中のすべては、仮説なんですよってことを書いた本?です。


99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
竹内 薫
光文社
売り上げランキング: 2216


世の中で当たり前だとおもっていたこと、
それが実際には当たり前じゃないんです。

気づきそうで気づいていないこと、
そんなことが書かれています。
たとえば、飛行機。 飛ぶのは当たり前で、 飛ぶメカニズムなんて解明されていると思うでしょう? ただそんなことはないんです。 飛行機の飛ぶメカニズムはいまだに解明されてはいないのです。 生きていく中で白だと思って信じてきた部分。 それはあくまで仮説であって、 いつでも灰色であって、その後黒になることもあるんです。 物事は、先入観にとらわれてはいけません。 常識など仮説に過ぎないのです。 これは○○が当たり前だよなんて思ってても、 実はちがかったなんてのは良くあることです。 前にホームページをつくっていて、 こんなことがありました。 「ブラウザで見るときは みんなお気に入りを右に出しているから、 サイズは760pxくらいがいいですよ」 と自分がいうと 「いや出してないよ」 「お気に入りのメニューからみるよ」 こんな声が上がってきました。 自分が思っていた、 人はみなブックマークのサイドバーをだして、 ブラウジングする ということは、 あくまでも自分の思い込みだったんですね。。。 このときはかなり恥ずかしかったです。 こんなことをまた、 起こさないためにも、 物事は、 常に疑い、別の角度から改めて見てみる。 そして、 自分の中にある仮説だけじゃなく、 他人が持っている仮説も理解しなければならない。 そんなことを この本を読んで思いました。
About
Contact

過去の記事