自身の力で考え行動する人間はリーダー 「人は誰もがリーダーである:平尾 誠二」を読んだ。

自分自身で考え、判断し、行動できる人間は、自分自身をより高みへと向かわせるという意味において、「リーダー」と呼んでいい。
つまり、人は生まれながらにしてリーダーたりうるのだ。そして、そうした「強い個」である「リーダー」の集積が、矛盾を孕んでいる組織を前に推し進めていく原動力となるのだ。

ラグビーの日本代表の監督が書かれた本です。

人は誰もがリーダーである (PHP新書)
平尾 誠二
PHP研究所
売り上げランキング: 184641


この本に書かれていた

「内発的モチベーション」

「外圧的モチベーション」

の考え方は面白いなって思いました。

About
Contact

過去の記事