カメラの撮り方を教えてもらいました。 (一眼レフ編)

会社内で、
カメラの撮り方講座が開かれましたカメラ
(一眼レフ編)

自分は、カメラはちょこちょこ撮りますが、
実は完全フルオート・・・。
ニコンのD50は泣いています。

そろそろちゃんと学びたいところです。
今回は、時間もなかったので、
結構、ざっくりでした。

要点まとめると以下。

===============
・左手は下に添えるようにする。
・縦の場合は親指でシャッターを押すとプロっぽい
・シャッターから指を離さない。
・右に1mとか左に1mとか立ち位置を変えて取り直すと、
 違った写真がとれたりする。
・縦も横もとると面白いかも。
 (以外と縦に写真をとるのは忘れがち)
・スペースをとることも忘れずに。
 (インタビューの場合しゃっべてる方向にスペースを)
 (乗り物は進行方向にスペースをとるとグッド)
・ISOは50~400(A4でプリント可)
・WEBやブログ使用なら400でOK。
・絞りを小さくすると狭くなる
・広くすると広い範囲で撮れる
・最初は、【P】でとって【A】で撮ればOK。
・S:スポーツとか、P:パーティ会場とか、
 A:風景とか、M:夜景とか
・サイズはLのファインでOK。
・人のまばたきは1/60~1/125といわれている。SSはそれ以内に
・花火は上がってから4秒以内にとるといいかも
・補正は、被写体が黒いときは-し、明るいときは+。
・ブランケットいう±1、0のすべてを保存してくれる
 機能を使うといいかも。
・順行:フラットな、斜光:風景・ポートレートなど立体感、
 逆行:透明感(+補正する)
・ホワイトバランスはキチンと設定しよう
・被写体にはなるべく近づくのがベスト。
・構図を考える際は3分割法を使う。
・風景は2/3以上。
・人物はグリッドの交わるところに
 顔を持ってきて、その顔が向いている方向に、
 スペースをあける。
===============

う~ん、なかなか
奥が深いですね。

どんどん勉強していきたいと思います。

About
Contact

過去の記事