「クラリネット症候群:乾くるみ」を読んだ。

私は、ようやく自分でも、それを認めないわけにはいかなくなった。そう、私はどうやら、誰かに身体をすっかり乗っ取られてしまったらしい。誰かが私の中に入ってきて、私を勝手に動かしている。

クラリネット症候群 (徳間文庫)
乾 くるみ
徳間書店
売り上げランキング: 168149

マリオネット症候群とクラリネット症候群の2つを収録。

マリオネット症候群のほうの女子高生の心の描画が、面白かった。

ただ、リピートやイニラブと比べると、
インパクトは薄いかな。

About
Contact

過去の記事