広告はラブレター 「明日の広告:佐藤 尚之」を読んだ。

広告は消費者へのラブレター


広告をラブレターにたとえるのは面白い。
いままでの消費者は、ラブレター(広告)を渡せば読んでくれた。

しかし、メディアがあふれる今、
ラブレターをただ渡しても読んでくれない。

そこには、
ターゲットの選定だったり、
見せ方の工夫だったり、
メディアの選定だったり、
消費者への適切なコミュニケーションが必要である。

そんな消費者へのコミュニケーションを仕方を教えてくれる本。

なによりおもしろかったのが、スラムダンクの事例。
広告業界に関係していない人もスラムダンクファンなら必読です。

About
Contact

過去の記事