「紀元前1万年」と「紀元前1億年」と「キングコング」

この前、
いろいろと映画を見た。

「紀元前1万年」
紀元前1万年

マンモスやら、サーベルタイガーやらがいる世界。
奥さんをある集団に連れ去られたオトコが、
仲間を率いて、旅立つ。
そしてたどり着いたのは、ピラミッドを作ろうとしているある集団・・・。

マンモスやらサーベルタイガーとかのCGは結構迫力があっていい。
ストーリーはまぁ、普通。

「紀元前1億年」
紀元前1億年

以前にタイムマシンを開発した博士。
何人かの仲間を送り込むが失敗。
そして現在、自らが仲間を助けに何人かを引き連れて、、
タイムトラベルで、仲間のもとへ・・・。

びっくりするくらいのCGが見られる映画・・・。
いまどきの専門学生でもあれよりすごいCGつくるんじゃ・・・。
恐竜の描画が手抜き過ぎる・・・。
本当、びっくりした。

、、、で、
正直、2作品に満足できず微妙な感じだったときに
ふと、家にあった、

「キングコング」
キングコング

のリメイク版をみた。

ある隔離された島にすむキングコング。
映画の撮影のために、その島へたどり着いた主人公だが、
原住民に捕まり、キングコングへのいけにえにされてしまう。
しかし、
主人公はキングコングにつかまりつつも、コミュニケーションに成功する。
キングコングはしだいに主人公に心を許していく・・・。

恐竜が一斉に走り出すシーンは迫力があってよかった。
キングコングvsティラノサウルス?
のバトルシーンも面白い。

ちょっと、長い(3時間・・・。)のがネックだけど、
この3作品の中じゃ一番面白かったかなー。

ふと、思ったけど、
CGとかをフルに使う映画は、
聞いたこともないようなタイトルの映画は危険なんだろうね・・・。

予算がないから必然的にCGも・・・。

About
Contact

過去の記事