タイムマシン

結構古い?映画。
タイムマシンを見た。
kubolog(タイムマシン) 
恋人を不慮の事故で失った男がタイムマシンを開発し、
事故が起こる前の過去へ。
過去を変えたと思いきや、恋人はまた別の死に方をする。

過去をいくら変えても、
恋人が死ぬという運命は、変えられないのか。
その答えを求めて、主人公は未来へ。

しかし、未来へとトラベル中に、頭をぶつけ、
主人公は、未来のその先、何十億年も先の未来へ。

地球が一度滅びかけ、
あらたな生態系ができつつある世界。そこでみたものは・・・。

未来のその先の未来へいくっていう、
アイデアは面白い。

タイムマシンもデロリアンとはまた違った、
かっこよさがあっていい。

ストーリー的にも結構面白かった。

最後のほうのシーンの言葉で印象に残った部分がある。

===
人は誰しも心の中にタイムマシンをもっている。
過去へ導くのは、記憶
未来へ導くは、夢

・・・ひとつ忘れている。
もしも・・・だ。

===

SFってやっぱいいね。

About
Contact

過去の記事