相手が本当に求めていることを探すってこと

録画しておいたガイアの夜明けをいくつか見ていた。

ディズニーランドの戦略の回。
gaia_top_logo

前半は、ディズニーランドのキャストの研修とか、
モチベーションをあげるためのファイブスターカードのシステムとかの紹介。

普段なかなかTVでは見られない部分だよね。

で、後半で、
新たな戦略。ショービジネスへの参入が紹介されていた。
その会議のワンシーン。

テスト公演をしてみて、
シルク・ドゥ・ソレイユ側のスタッフから、

「スタンド内の案内スタッフの数を増やして欲しい」
と要望。

それをうけて、オリエンタルランド側の答えは、、、

「数についての指摘ではなく、現在のスタッフの改善点などをおしえてほしい」
要するににメンバーの増加はしないとの答え。

普通に考えれば、数を増やせばいいじゃんって思う、
では、なぜ単純に数を増やさなかったのか、、、

それは、
シルクドソレイユ側が求めていたのは、

「スタッフの増員」
ではなく
「会場内のスムーズな流れ」

であったから。

だから答えとしては、
単純な増員ではなく、個々のスタッフのスキルアップでも正解だったと。

こんな感じで、
相手側が言った事をそのまま鵜呑みにせず、
その奥にどんな望みがあるのか?

それを探すってのが大事なんだよなってふと思った。
物事の本質を見きわめるってことかな。

なんか見てたら、
めっちゃシルク・ドゥ・ソレイユ見たくなってきた・・・。

About
Contact

過去の記事