悔しいね・・・。【一歩一歩成長するということ】

今日はなんか悔しかった・・・。
出てきた答えに対して納得できない自分がいる。
でもその答えを覆すほどのスキルがない(そう思い込んでいるだけかもしれない)自分もいる。

そして、その答えを受け入れられなくて、
破壊的なことしか考えられない自分が嫌だった。
本当はもっと建設的に考えなきゃいけないのに、、、
その答えを受け入れて、じゃあ次はどうする?
また、同じようにならないために何ができる?

って考えなきゃいけないのに。

D・カーネギーの「道は開ける」でこんなことが書かれていた。

「起きてしまったことを受け入れることこそ、
どんな不幸な結末をも克服する出発点となるからだ」


道は開ける
道は開ける 新装版
posted with amazlet at 09.02.27
デール カーネギー Dale Carnegie 香山 晶
創元社
売り上げランキング: 343

本当そうだ。
受け入れよう、そして建設的に考えよう。
次に進もう。

小さいままの人間でおわるならそれでいい、
でも自分はそれじゃ納得できない。

人は一歩一歩進みながら成長していく、
でも、
遊びながら進んでほとんど成長しない人もいれば、
努力をして進んでどんどん成長していく人もいる。
自分は後者になろう。

そう思った。
そんな日だった。

P・F・ドラッカーのプロフェッショナルの条件から引用するなら、
この言葉が合う。

「自らを成果をあげる存在にできるのは自らだけである。
他の人ではない。従って、まず果たすべき責任は、自らの最高のものを引き出すことである。
それが自分のためである。人は自らがもつものでしか仕事ができない。」


プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
P・F. ドラッカー Peter F. Drucker 上田 惇生
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 492



で、
ちょっと今日学んだことを振り返ってみる。
こっからあとは自分用メモ。

・プレゼン前にリハはしよう。
・要点をまとめたシートを作ろう(10分なら5・6枚程度)
・仮説をつくり⇒効果検証
・数値化しろ。(定量的な結果を)
・あらかじめ質問を予想しろ。
・コンサルファームのプロのプレゼンを参考に。
・経営者の視点をもとう。
・殺しモンクを考えろ!
・ブログ、メルマガでパーソナルブランディングを!

当たり前のこともある。
でも忘れてたりする。

・・・勉強になります。

About
Contact

過去の記事