実写版 映画「釣りキチ三平」をみました。

釣りとは、何ですかね?

「ただのくだらない遊びですよ!」

まさにそのとおり。
でも、そのくだらない中に楽しさがある。
それが釣りの奥の深いところだし、
多くのファンを魅了するところなんですよね。

・・・っと、思いながら、
映画「釣りキチ三平」をみました。

 ss

僕は、釣りキチ三平は結構好きで、
昔のものから、新しい(平成版釣りキチ三平)ものまで、
漫画で読んでいるので、結構楽しみにしていました。

三平の世界観みたいなものは表現できてるなぁと思います。
(魚のCGは・・・な気がしますが)

三平の世界観で何がいいがいいかって、

現実からはちょっと離れた世界観

これがいいんですよね。

実際、三平の原作でも三平が
学校に通うシーンは一度もでてきません(たぶん)。

それは、作者の矢口さんが、

三平には、そういう現実的なものはとっぱらって、
自然の中でのびのびと生きて欲しい。

というような思いがあるからだということを、
何かの本で読んだような気がします。
(間違ってたらすいません。)

仕事やら、勉強やら、人間関係やら、
いろいろと現実に追われて、忙しい今、
たまには、そんなことを忘れられる世界観をもった映画をみて、
息抜きをするのもいいのではないでしょうか?

ちなみに原作の最終話(平成版が始まる前)は、
三平のおじちゃんがなくなってしまう話なのですが、
ものすっごい泣けます。

個人的には、ドラえもんより泣けると思います。
おすすめです。

About
Contact

過去の記事