『劔岳 点の記』を見てきた。

先週、「劔岳 点の記」を観てきました。
結構楽しみにしていたので、期待してみましたが、、、

期待していたものではなかった。

っていうのが感想です。

ただ、それは、悪い意味ではなくって。

正直、登山モノだから、山を登りきって、

「この山を制覇したぞー!」

みたいな、「登りりきった感」が得られるモノと思っていた。
登りきって得られるカタルシスみたいなものを期待して観ていた。

でもそれはなかった・・・。
っというかこの映画にそれは不要なんでしょうね。


物語の中ので、こんなセリフがある。

「何をしたかではなく、何のためにしたかが重要なんだ」

つまり、

登りきったことがゴールではなくって、
何のために主人公たちが山に登ったか?


それを考え、それを発見するってのが、
ゴールなんだろうなと思います。

そして、観終った後に

自分自身が今やっていることに対して、
何のためにやっているのか?


心の中で改めて、考えてみる。

そんな気持ちになれる映画なんだと思います。
個人的な考えですが・・・。

あっ、ただ、人によっては、
結構眠くなるかも・・・。

About
Contact

過去の記事