The Carlos Ghosn Story(英語版)を読んだ。

英語読書2冊目。

日産のカリスマ社長、
カルロスゴーンさんの物語。

ゴーンさんについては、
もともと興味があったし、ドキュメンタリーで見たりしていたので、
すんなりと読むことができた。

まだまだわからない単語だらけだったけど・・・。

The Carlos Ghosn Story―カルロス・ゴーン (洋販ラダーシリーズ)
ミゲール リーヴァスミクー カーミット・J. カーベル
IBCパブリッシング
売り上げランキング: 193752


ただ、1冊目よりも、あきらかに、
英語に対する抵抗感が減ってきたのは感じた。

時間もそんなにかからなかったし。
やはり、意味全部わからなくても、なんとなく読み進めて、
どうしても気になる単語がでてきたときだけ、調べる。

この方法は、結構聞くことを実感した。

とりあえず、ラダーシリーズは後ろに辞書付でよみやすいので、
つぎもこれでいこうと思う。

次は、バカの壁(英語版)です。

読もうと思っていた、児童書HOLEは、ちょっとお休み・・・。

About
Contact

過去の記事