第9地区(district 9)をみてきた。

SF好きなので、
この映画は、前々から結構楽しみにしていた。

期待は、やはり裏切らなかった。

10

先の読めない展開で、
なんだかドキドキ。


宇宙人の雰囲気も、
少しバカっぽくていい。
宇宙人の子供とか、かわいい。

とはいえ、コメディっぽいのに、
カメラに血やら肉片がビュンビュン飛び交いそのヘンはリアル。
(けっこうグロい。)

宇宙人と人間が共存するなかで、
生まれるコンフリクト。
宇宙人と共存しようとする人
宇宙人を受け入れない人
宇宙人を利用しようとする人
そのヘンをとりまく環境も妙にリアルで面白い。

確かに実際こうなるのかなー。

人間ってのは新しいものを
あまり受け入れたがらないものだしね。
(現状維持バイアスってやつ)

最後は、
もうちょっと見たかった気もするけど、、、
(続編を意識?)

おもろいSF映画でした。

About
Contact

過去の記事