自分を最高だと思うことの大切さ

録画した情熱大陸をみていて、

人間国宝である、
歌舞伎役者「尾上菊五郎」さんがこんなことを言っていた。


娘に自分の演技をほめられて、撮影スタッフに、

「照れくさいですか?」

と聞かれての一言。

=====

全然!

自分で最高だと思ってやってるもん。
で、おわったら反省。

やってるときは、最高!
悩んで、演じたってやってられないもの。
お客さん見てるのに。

自分は最高って思って演技しないと。
で、終わって幕が閉まったら、
自分は最低って。


=====

このフレーズがすごい印象に残った。

人間国宝までなるエンターティナーでも
悩みはあるし、失敗もするだろう。

でも、それを感じさせない。

それはなぜか?

その答えがこのフレーズに、
入り込んでいるなぁと思った。


それは、

人が見ているとき、人前にいるときは、

「自分が最高だ!」

って思っているから。
その自信が人をひきつけ、魅了する。


悩みながら、迷いながら、何かを行動すれば、
それを感じた人間はついてこない。

それは、
歌舞伎だけじゃなくって、仕事とかなんでも同じだと思う。

人間なんだし、悩んだって、迷ったっていい。
でも、それを感じさせたら負け。


「自分は最高!」

って思って行動する。

で、終わってから、人知れず反省する。 努力する。

そんな考えが大事なんだと思った。

さて、情熱大陸のサントラを聞きながら、
この記事を書いてたらなんか、やる気が出てきた。

マラソンでもしてこよっと。

この記事書いてる自分サイコーーーー。

About
Contact

過去の記事