硝子のハンマーを読んだ。

最近ずっと、
貴志 祐介の作品を読んでいる。

「硝子のハンマー」はネットでの評判はイマイチ?だったので、
読もうか迷ったけど、
狐火の家も買ってしまったので、読んでみた。


硝子のハンマー
硝子のハンマー
posted with amazlet at 10.09.26
貴志 祐介
角川書店
売り上げランキング: 153279

確かに、黒い家とか悪の経典のような、
エグさはない。
読み終えた後は、むしろさわやかな感じ。

ただ、
作者特有の特定の業種に対する描写のすばらしさは健在。
防犯に対する知識はこの本を読むとすこし上昇すると思う。

カギ屋である主人公は、
なんだか猿ロックの主人公をイメージしてしまう。
でも、頭の良さはぜんぜん違う。
盗みは良くても、殺しはNGという正義感?を持つ男。
そして、相棒?となる、負けず嫌いの美人弁護士。

この2人の右往左往する推理は、
読んでいて、面白かった。

ハラハラする感じはないけど、
読んでいくうちに、
プロの泥棒ってすげぇって思える作品。

About
Contact

過去の記事