もし、生きる目的が決まっていて生まれたら「わたしを離さないで」

人の考えや感情はあちらに行き、こちらに戻り、変わります。
あなた方は、変化する流れの中のいまにうまれたということです。

カズオ イシグロの「わたしを離さないで」を読んだ。

読んでいるときは、あまり感じるものはなかったけど、
読み終えてしばらくたってふと感じるものがある。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
カズオ・イシグロ
早川書房
売り上げランキング: 1531
主人公たちは、ある施設である使命をはたすために生まれた。

その主人公が自身の生きる意味を知ったとき、
どんな行動にでるのか・・・。

読み終えて感じたこと、それは、

生きるための目的も意味も、生きられる期限も決められて生きている。
それは意外と幸せなことなんじゃないか?
と思ってしまった。

読んでいるときは、主人公たちを
不幸な主人公としかみることはできなかったけど、
読み終えてしばらくたってみると、
考えに変化が起きた。

そもそも、多くの人間は、この小説の中の主人公とは違って、
生きる目的も、生きる意味もなにも決まっていなくて、
自分自身で見つけ出すことができる。
そんな自由をもっている。

でも、自由っていうのは、責任と隣りあわせで、
生きる意味・目的をさがす責任をいつも背負いながら
生きていかなければいけない。

生きている期間も、30歳でなくなる方もいれば、
100歳でなくなる方もいる。それを予想することはできない。

そして、人それぞれが、使命を全うする必要もない。
むしろ自身の使命を全うしたら、
また次の使命を見つけて生き続けなければいけない。

そんな世界が本当に幸せとよべるのか?
読んでいて、ふと、そんなことを考えてしまった。
すごいネガティブな考え方ではあるけど。

まぁ、そもそも、
生きる目的も使命も別に見つけ出さなくても、
生きてくことはできるのだろうけど・・・。

About
Contact

過去の記事