ネクストマーケセミナーのセミナーに行ってきた。

ネクストマーケセミナーのセミナーに行ってきたのでメモ。

テーマは、
WOMマーケティング(口コミマーケ)。


◆WOMマーケの定義は2つ
・口コミの形成を通じて、サービスの訴求をする(口コミを利用して消費者のマインドを高める)
・データを収集分析して既存のマーケティングに使用する。(口コミを分析してサービス、プロダクトの改善にいかす)


◆WOMマーケティングの3つの手法
1)口コミが形成されやすいコンテンツ
2)広がりやすい情報流通経路をつくる
3)口コミが広がったあとにもう一度商品に結びつけること。

ソーシャルメディア・・・
ひとびとの会話が広く可視化されるメディア。
(たとえれば昔あった駅伝言ばんのようなもの)

・ソーシャルメディアの利用は各年代ともに7割を超える。
若い人は9割以上。
ソーシャルメディアが口コミのプラットフォームに。

WOMマーケをやる上でソーシャルメディアマーケティングは最も重要な一分野の一つになった。


◆なにをするの?
1)生活者との情報交流
(吉野家Twitter)
2)生活者に対して企業が情報発信
(アメックスフェイスブック、ユニクロTwitter)
※情報発信だけでも十分に成立することがある。
3)生活者参加型コンテンツ
(SUBARU MIXIアプリ「ラブドラ」、日本郵政 今年の一文字…テキストマイニングで文字を抽出する)
4)生活者参加からの自発的な情報発信を促す。
(ロッテFITS ダンスコンテストYOUTUBE  1800万回再生、ブロガーイベント)
5)やらせブログ、ペイパーポスト、ステルスマーケティングはNG。

消費者の利益にならないものは、WOMマーケではない。


◆今後の課題

・成功事例の研究と共有
・海外の資料の翻訳と紹介
・効果測定の手法の確率


いままではクチコミマーケというと、
ブログなどがメインだったきがするけれど
近年のソーシャルメディアの台頭により、
カバーすべき場所が増えたという印象をうけた。

ブログだけでもだめだし、ソーシャルの大事だしと、
ユーザーの価値観の変化に合わせて、マーケティングの
手法も日々変わっていくんだと感じた。

About
Contact

過去の記事