地震に結びつくストーリー『神の子供たちはみな踊る:村上春樹』

目に見えるものが本当のものとはかぎりません。 ぼくの敵はぼく自身の中のぼくでもあります。 ぼく自身の中に非ぼくがいます

村上春樹が阪神淡路大震災をきっかけ?として書いた短編集。
神の子供たちはみな踊るを読んだ。

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 7538

「かえるくん、東京を救う」は、
いままでの作品とすこしテイストが違う感じで特に面白かった。

ある日、突然、主人公の目の前に来たカエルくん。
大地震を起こそうとする大ミミズを、
退治するために協力してほしいと頼まれる・・・。

カエルくんが、知的なんだけど、
ユーモラスで非常に愛着のもてるキャラクターとして書かれている。
最後は・・・だけど。

そのほかの作品は、
どことなく他の作品とつながっているような雰囲気がある。

でも短編だから、個人的にはやはりちょっと物足りなかった。
もっと、続けばきっと面白いんだろうなぁと思ってしまう。

個人的には、やはり長編のお話のほうが好きだ。

About
Contact

過去の記事