まだ生まれていない息子との対話 『時生:東野 圭吾』

彼の最後の言葉、 今この瞬間でも僕は未来を感じることができる
という言葉を噛みしめました。

この前読んだ「メトロに乗って」は、
息子が父親の若いころに会ったことを、息子の目線で書かれていた。

「時生」は、視点が違っていて、
息子が会いにきた、父親の視点で書かれている。

時生 (講談社文庫)
時生 (講談社文庫)
posted with amazlet at 10.12.10
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 2070

その息子は、グレゴリウス症候群という病気で長くは生きられない。
なぜそんな息子が他人の体を借りて、
自身の前に現れたのか?

ストーリーが進むにつれて明らかになってくる・・・。

息子である時生が父親に向ける、
ひたむきな態度
にはこみ上げてくるものがある。

時空を超えた親子の愛を
感じることができる作品。

About
Contact

過去の記事