母親を失った親子の感動物語 『ステップ:重松清』を読んだ。

悲しみや寂しさは、消し去ったり乗り越えたりするものではなく、付き合っていくものなのだと――誰かが、というのではなく、僕たちが生きてきた日々が教えてくれた。
悲しみを胸に抱いたまま生きていくことは、決して哀しいことではない。そのひとがいないという寂しさを感じる瞬間は、そのひとのいない寂しさすら忘れてしまった瞬間よりも、ほんとうは幸せなのかもしれない。

この本は、泣いた。
最後はボロボロきてしまった・・・。
(家で読んでて良かった。)

ステップ
ステップ
posted with amazlet at 10.12.12
重松 清
中央公論新社
売り上げランキング: 81587

母親を若くして失った親子の物語が、
父親の視点で描かれている。

母親がいないことで生まれる周りとの葛藤。
仕事、育児、学校。
それぞれが短編で描かれており、親子は短編ごとに成長していく。

同じ男という立場だからこそ、感情がすんなりと入ってきて、
共感するものがあった。

最後だけでなく、途中の話もぐっとこみ上げることが多かった。

自分がふだんあたりまえだと思っていることも、
それが当たり前でない人はたくさんいる。

お母さんとお父さんと子供、それが家族。
でもそれは当たり前ではないし、いつそれが崩れるかなんてわからない。

でも、そんな不幸なことだけを考えて、
虚無感にさいなまれていても仕方がない。

アリとキリギリスの話あるだろ。イソップだっけ。あれは半分間違ってるよ。先々のことを考えるのは大事でも、あえてキリギリスになるしかないときって、人生にはあるんだ

こういうことなのかもしれない。

大事なことは、今。

数え切れないほどの今日を昨日に変えていって、いま、僕達はここにいる。

今日をつみあげて、未来を作ること。

今日できることをしよう。
もがいて悩んだって、今日できることしかできない。
そうやって未来をつくっていくしかない。

読んでいてそんなことを思った。


わが家とは笑顔を作るだけの場所ではない。涙を流す場所だ。大の大人が心置きなくなける場所など、わが家以外にどこにある?

====

気づいたときには、もう取り戻せない。
いや、もう取り戻せなくなったからこそ、それがとても大切なものだったと気づく。
幸せとは、そういうものなのかもしれない。

About
Contact

過去の記事