明かされる予言の真実 「蒼穹の昴2:浅田次郎」を読んだ。

わしは人間の力を信じておる。
人間には誰しも、天上の星々を動かす力が眠っておるのだと信じておる。
だからわしは、薩満(シャーマン)の掟を破って、あやつに偽りの卦を伝えた。
それでも、わしは信じたいのじゃよ。
この世の中には本当に、日月星辰を動かすことのできる人間のいることを。
自らの運命を自ら手で拓き、あらゆる艱難に打ち克ち、
風雪によく耐え、天意なくして幸福を掴みとる者のいることをな。

文庫版の2巻を読み終えた。
1巻よりも、ぐっとくるポイントがたくさんある。

蒼穹の昴(2) (講談社文庫)
浅田 次郎
講談社
売り上げランキング: 3079

別々の道を歩み始めた、
主人公2人。
2巻でお互いが成長した姿で再開をはたす。

そして、占い師より明かされる。
春児の真実。
この部分は感動した。

たとえ、それが運命ではなくても、
自らの力や、努力で新たな運命をつくることができる。
春児が行った修行は、意味のないことのように、
みえて、実は意味があった。
ドラゴンボールで亀仙人が最初に行った修行のように。

2巻は、2人の成長が実る習慣を
感じさせられる巻でした。
3巻ではどうなるのか?
楽しみです。

About
Contact

過去の記事