学習をすること 「ドラッカーの講義(1943-1989)」を読んだ。

成果というものはさまざまな専門的な知識を
結集することによって生まれるのです。

ドラッカーのいくつかの講義をまとめた本。
ドラッカーの講義だけあって、
手軽にさくさく読める内容ではない。


ドラッカーの講義(1943-1989)~マネジメント・経済・未来について話そう~
P.F.ドラッカー
アチーブメント出版
売り上げランキング: 5481


理解できない部分もあったんだけど、
特に気になった部分を。

 

最も大切な学習の時期というのは、
通常の学習の時代とは解釈されなかった時期のことなのかもしれない

たいていのひとは、社会にでると学ぶことは終わったと思い、
学ぶことを忘れてしまう。

だからこそ、
小学校や高校、大学など、学ぶべき時の学習よりも、
社会にでてから学習のほうが重要
だと、ドラッガーは語る。

たしかにそのとおりだと思う。
自分の価値感をもち、
その価値観にもとづいて学習できるのは、
社会人になってからしかない。

だからこそ、
学ぶこころを忘れてはならない。

自分もそう思う。

死ぬぎりぎりまで教壇にたった、
ドラッカーだからこそ、ひびいてくる言葉だ。

About
Contact

過去の記事