リチーミングを学ぶ 「強いチームをつくる技術:ベン・ファーマン」を読んだ。

人は4方向にストレス反応が出るといわれています。
「身体」「思考」「感情」「行動」

リチーミングといわれる管理手法について
書かれた本。


強いチームをつくる技術―個と組織を再生する「リチーミング」の12ステップ
ベン・ファーマン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 19643


コーチングっぽい要素が強いのかな。

目標を立てて、それを実現していくといったイメージ
リチーミングは、以下の12のステップですすめられる。

 

具体的な理想像を想い描く
ゴールを決める
サポーターを募る
ゴールのメリットを探る
すでにできていることを見つける
今後の成長を思い浮かべる
困難を認める
自信の根拠を見つける
誓いを立てる
記録をつける
失敗に備える
成功を祝い、サポーターに感謝する


たしかにそれぞれが大事なことなんだけど、
いまいちこの手の手法に懐疑的な自分もいる。

たしかに、この本に書かれている
行動がとれるのは理想だ。
でも管理するのが人間である限り、理想どおりにはいかないもの。

本の管理手法をマネすれば必ず、
成功するとは思えない。

本文の中にでてくる会話の例が、
綺麗に進み過ぎていて違和感を覚えた・・・。

もちろんチームをつくり上げる上で参考に、
なると本だとは思うんだけど。

About
Contact

過去の記事