人は支え合って生きている 「天国までの百マイル:浅田次郎」を読んだ。

世の中に、初めから与えられている結果なんてないんだな。

仕事が忙しくなると、大切なことを忘れてしまうときがある。
すべてがうまくいっていると、
見えないものにフタをして、うまくいっている方向だけを見てしまうことがある。


天国までの百マイル (朝日文庫)
浅田 次郎
朝日新聞社
売り上げランキング: 20983


主人公は、企業に失敗し、自己破産をした男。
すべてがボロボロだった。

そんなとき、悪化した母親の病気。
母親の病気を直すためには、
100マイル離れた、病院へ行き、手術を受けなければいけない。

県をまたぐため、救急車は使えない。
兄弟は手術をすることすらを拒んでいる。
主人公は、自らの運転で、
母親を運ぶことを決めた・・・。

主人公は、この旅の途中で、
自身がさまざまな人に支えられて
生きていたことに気がつく。

人は、一人では生きていけない。
様々な人に支えられて生きているし、
様々な人に支えられてきたからこそ、
今の自分がある。

そんなことに気づかせてくれる、
感動の1冊だった。

About
Contact

過去の記事