毒舌執事とお嬢様のミステリー? 「謎解きはディナーのあとで:東川 篤哉」を読んだ

『お幸せに』という祝福の中にはすでに
『不幸にして破綻した結婚生活』が想像されているって
ことじゃありませんか。そうかんがえてみると
『お幸せに』なんて、実に不吉な言葉です

Amazonで、ランキングの上位に入っていたので、
面白そうだと思い読んでみた。

東川 篤哉の「謎解きはディナーのあとで」。


謎解きはディナーのあとで
東川 篤哉
小学館
売り上げランキング: 238

基本的に、ストーリーは、

=====
隠れお嬢様警察官の主人公のもとに事件が発生

御曹司警察官のとぼけた推理

家に帰り、執事が主人公をさりげなく罵倒

執事が推理で解決
=====

といった流れで進む。
微妙に異なる物語もあるけど、大体こんな感じ。

主人公とボンボン警察官のとぼけた推理。
執事のさりげない発言。
これらにそれぞれユーモアがあり、面白い。

読んでいて何かを感じられる小説では
ないけれど、ただの読み物としては面白かった。

サクっとよめるから、
ちょっとした暇つぶしに読むと楽しめる本。

About
Contact

過去の記事