充実した短篇 「鬼の跫音:道尾秀介」を読んだ

日々の暮らしの中で、「昔」はだんだん遠くなっていく。
でも、どうしてもとおざかってくれない「昔」もある。

道尾秀介の初の短編集である、
鬼の跫音を読んだ。

鬼の跫音
鬼の跫音
posted with amazlet at 11.03.25
道尾 秀介
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 100198

物語を予想もできない展開に一気にひっくり返す。

そんな、大どんでん返しが特徴の作者だけに、
短編だと伝えきれないことが多いような気がして、
微妙なんじゃないかと思っていた。

けれど、読んでみると、、
全くそうではなかった。

それぞれの作品に、道尾秀介っぽさがでていて、
予想もできない大どんでん返しこそ少ないにしろ、

ミステリーとして十分に楽しめる作品だった。
最後の作品はなんとなく、
新作の「月と蟹」を思わせる雰囲気を感じた。

そして僕は思った。
自分の抱えていた問題は、なんて小さく、かるいものだったのだろう。

About
Contact

過去の記事