金欠の高校生がバフェットから「お金持ちになる方法」を学んだら:菅野 隆宏を読んだ

お金は、私たちが価値があると信じることによってのみ存在できます。

もしドラ系の表紙の本書。

バフェットからお金持ちになる方法を
学びたいと思って読んだら、期待はずれに終わるかも・・・。

金欠の高校生がバフェットから「お金持ちになる方法」を学んだら
菅野 隆宏
PHP研究所
売り上げランキング: 279372



過去の金融の流れを、ざっくりと学びたい。
そう思っているのなら、本書はいいかもしれない。

主人公は、時間のうねりを
直す使命を持つ不思議な少女と出会う。
そしてその少女の手伝いをすることになった主人公は、
時空を超えてさまざまな時代に、旅をする。
旅をした時代は、金融の流れを大きく変えた時代であった。

様々な過去を通して主人公が学んだこと。
それは、自身の父親の過去に生かすことになる・・・。

過去の金融の流れの中で、
こんなことがあって、こんな人がいたということが
すこしだけ理解できたので個人的には、よかった。

個人的に、
グレアムの『ミスターマーケット』はなんとなく、
気になった。

「”絶対に損をしないこと”――それがルールその一」

About
Contact

過去の記事