仕事がみじめになる要因「なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか」を読んだ

自分の仕事に充実感を覚えている人より、
みじめに感じている人のほうが多いのだ。

とある会社を買収により、
引退した元CEO。

のんびりと引退生活を送るつもりだったが、
ふとしたことで、とある さびれたレストランに出会い、
協働経営者となり、レストランを運営することに。。。

なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか ―マネジメントを極めた男の物語
パトリック・レンシオーニ
エヌティティ出版
売り上げランキング: 114300



そこで、アルバイトたちと悪戦苦闘するうちに、
仕事をみじめなものにする3つの要因を発見する。

それは、、、

 


・匿名性
・無関係
・無評価

そしてこれらを解消するために、
奮闘し、みごとにレストランを改善する。

その後、様々な会社のトップにたち同様の手法を
実践し、改善をはかることになる・・・。


3つの要因は読んでいて、なるほどなぁと感心した。

ストーリー仕立てで3つの要因を
改善していく方法がわかるので、そのまま同様の手法は使えないにしても非常に参考になる。

3つの要因は頭の中で、
注意深く意識したいことだと思う。

個人的な解釈だけど、

・それぞれの存在をしっかりと認めてあげること⇒匿名性の解消。
・行っている作業と会社やメンバー、社会との関係をハッキリと気づかせてあげること⇒無関係の解消
・行った行為を見える形でしっかりと評価する⇒無評価の解消

が大事だと感じた。

About
Contact

過去の記事