G-SHOCK(G-8000C)の電池交換をした。リセット(2秒間のショート)も。

海外旅行用に使っている、G-SHOCKの電池が
そろそろ不安になってきたので、電池交換をしてみた。

思った以上に簡単だったのでメモ。

必要なもの


rs_P1020074

・ピンセット
・替え用の電池(CR2016)
・精密ドライバー
・針(缶バッジとかでOK)

ピンセットも電池もホームセンターで200円位で購入。

手順

まずはドライバーで、ベルトと中身を分解。
液晶のカバーから本体の時計部分は取り外しても大丈夫。
※ネジの紛失注意。


rs_P1020075

そして、液晶の中身の電池が固定されている部分の下のほうに針を差し込んで、
テコの原理を利用して下部分の固定されている部分をはずす。
(白いプラスティックの突起の間の部分)

rs_P1020077

rs_P1020078

電池を入れ替えたら、
下の写真のシールにも書かれているリセット(ショート)の操作を行う。
(これは必ずやらないといけないみたい。)

rs_P1020076

ピンセットの片側を右側のACと書かれた部分の基板の中にあて、
もう片方を左側の(―)の部分にあてる。

rs_P1020079

液晶をみて、時間がリセットされていれば作業完了。
パッキンがしっかりと固定されるように、
注意して組み立てる。

rs_P1020080

これで時間を再度、セットして完了。
(時間のセットは左上のボタン長押しで可能)

自分で電池交換をしてしまうと、
安く済むけど、保証が効かなくなるらしいので、あくまでも自己責任で。

About
Contact

過去の記事