フェイスブックをビジネス利用する使い方(ファン増加)のコツを学べる「Facebookを集客に使う本」を読んだ

ソーシャルネットワークの「ソーシャル」は「人とのつながり」のことだ。

「ビジネスに使う本」の著者の第2作目。

前作を読んだときは自身も知識があまりなかっただけに、
非常に参考になる部分も多かった。
本作は、前作よりちょっとだけ踏み込んだ内容になっている。

Facebookを集客に使う本
Facebookを集客に使う本
posted with amazlet at 11.07.15
熊坂 仁美
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 608

フェイスブックを集客に使おうとしている人たちの中には、
従来型のプッシュ型集客から抜け切れず、
宣伝や告知のためおの新たな場所だと思っている人が多い。

冒頭で語られているこの部分。
仕事としてやる以上、顧客にプッシュしたい。
気持ちはすごいわかる。
でも同じ考えではソーシャルメディアではうまくいかないかもしれない。
というか同じ考えでソーシャルメディアに手をだすと危ないような気がする。

フェイスブックは売り込みやセールスを極端に嫌うメディアだ。

これを理解すべきなんだろう。

コンテンツが3リットルあったとしたら、
セールスメッセージはほんの1滴か2滴でいいんです。

 

いいねを得るために

フェイスブックを始めたら、
やはり「いいね」を押してもらってファンを集めたい。

ユーザーがいいねを押したくなるポイントとして、
いいねゾーンを取り上げている。

いいねゾーン(適度な刺激)
納得できる意見/勉強になる視点/意外な発見
面白い話/かわいい写真や動画/ためになる情報
自分に関係がある情報、参加できるもの/いち早い情報

これらのコンテンツが含まれた魅力的なものに
なっているか見直すといいのだろう。

ファンをあつめる

ファンを集めてのコミュニケーションの中で気になるのは
やはりクレーマーの存在。

フェイスブックページは、実名登録ということもあり、
ほとんどの人が常識的で、ポジティブだ。

ちょっと安心。
とはいえそれでも問題が起きないとは限らない。

ただ、実名であるからこそそれなりに、使う側も真剣に伝えてくる
それに真摯に答えられる度量が必要なのだと思う。

ファンの数

日本語でかかれたフェイスブックページのうち、
1000人以上のファンを獲得できているのは全体のわずか4%に満たない 

 
100人未満のページがなんと全体の7割を占める。

まだまだこれが現実。
現実的に見れば、短期間での費用対効果は望めない。

長期的な投資対効果で納得出来ることも重要なんだろう。

ファンを集めるコンテンツ

フェイスブックページの魅力を形づくる要素は3つある。
1.コンテンツ
2.パーソナリティ(ブランド)
3.向き合い度

この3つがきちんと、
そろっていることが好ましいそうだ。

たしかにコンテンツの充実はもちろん、
それに答える人や会社の個性も重要だし、
対応するヒトの熱意も重要なことだと感じた。

そばにいて話かけられるような感じ、
つまり「隣にいる感覚」がないと、
フェイスブックのファンは満足しないのだ。

これはわかりやすい表現。

ソーシャルメディアのおける消費者心理の3つのステップ

know 知る⇒Like 好きになる⇒Trust 信頼

ソーシャルメディアを経由した、消費者は、
この3つのステップを通って行動を起こす。

コンテンツがそれぞれのステップでのニーズをみたすものになっているのか
それを考える必要があるんだろうなぁ。

About
Contact

過去の記事