楽しく読めるおすすめの自己啓発本 「四つ話のクローバー:水野 敬也」を読んだ

世の中には、俺なんかよりすごいやつがごろごろいる。
俺がどれだけ頑張っても勝てそうにないやつだっている。
でも、それでも勝ちたいと思うことが--
昨日の俺より今日の俺を、今日の俺より明日の俺を成長させるんだよ!

「夢をかなえるゾウ」の著者が描く、ユーモラスな自己啓発本。
読んでいて非常に楽しめた。

四つ話のクローバー
四つ話のクローバー
posted with amazlet at 11.07.15
水野 敬也
文響社
売り上げランキング: 3189

個人的には、
1話目の”馬が教えてくれる、人生の教訓”の話が一番良かった。

馬の社長が教えてくれた人生を成功させるコツそれは、

 
「頑張る」
以上だ。

 
あたりまえであり、なかなかできない。これ。

努力が重要だという話がでると、
ヒトは才能という言葉を口にする。
でもそれは、
才能という言い訳をつくっているだけ

天才とは存在するものというより「存在してくれなければ困るもの」なのだろう。
天才とは努力の結果必ず至るものだとするならみんなは、
凡人ではなく「ただ頑張っていないだけの人」になってしまうからな。

努力をするためには、
なにかしらの我慢をしなければいけない。
けれど、、、

人間は何かを我慢することはできない

目の前の願望をどうおさえればいいのか?

大きな願望で小さな願望を従わせる

小さな願望に惑わされないほどの
大きな願望をもつ。
そうすればその大きな願望に向かって進んでいける。

目の前にニンジンをぶらさげてて走る。

こんな感じで。


その他にも、幸福度バトルの話や、
死後の学校の話、ちょっと感動する氷のくまの話と
全4話のストーリーが収録されている。

モチベーションアップにぴったりの一冊。

About
Contact

過去の記事