中古の日本のiPhoneをSIMカードなし(wifi)でiPod touchのように使用する方法(アクティベーション方法も)

中古のiPhone4を購入し、iPod touchを使うように、
Wi-Fiだけで使用する設定を行ったのでメモ。

中古で買うときに注意しなければいけないのが、
使用するにあたって必ずアクティベーションが必要で、
アクティベーションをするには、
iPhone4?のSIMカードが必要だということ。

3G iPadのSIMカードでiPhone4のアクティベーションをやってみたら、
出来ません
でした・・・。





まぁ実際には、ドコモのSIMを加工したりとかアクティベーション用のSIMを買うとか、
正規のiPhone以外のSIMを使ったり使わなかったりな、いろいろ方法はあるんだけど、
iPhone4のユーザーを見つけてその人にSIMを借りることを頼むほうが早いと思います。
iPhone使っている人多いし。
借りたSIMのデータとかはちゃんと設定すればコピーとかはされないので大丈夫。

やり方

(1)SIMカードを入れて、iPhoneにケーブルをつなげPCを接続しiTunesを立ち上げる

(2)”新しいiPhoneとして設定”にチェックを入れて”続ける”をクリック。

(3)”アドレスうんたらをコピー”のチェックを外して(いれて?)、次へを選びます。
※ほかにもどこかチェックをはずす項目があったかも・・・。
※この部分詳細忘れました・・・でも、表示されている文字を読めばわかるかと・・・。

(4)そして次の画面に写ったらケーブルを抜く。たぶん抜かなくてもいいんだろうけど、同期をし始めたので念のため自分は抜きました。抜いても特に動作に支障はありませんでした。

(5)更に念のためiPhone本体から 設定>一般>リセット>すべての設定をリセット をして一度リセット。

(6)その後は、機内モードをオンにして、WiFiで接続すればiPod Touchのように回線契約ナシで使用できます。
※機内モードにしなくてもいいんだけど、しないと左上に”SIMなし”って表示されてなんかダサいので・・・。



しばらくwifiで使ってみましたが全然問題はないですね。
自分はSB回線のiPhoneをメインで使ってますが、とくに違いは感じませんでした。
(まぁ、家ではWifiで使っているので当たり前ですが・・・。)

iPhoneはほしいけど、月額が・・・。
って人は、中古で買ってWi-Fiでの利用もありかもしれません・・・。
iPod Touchよりはたぶん高性能なので。

テザリングできる端末と組み合わせれば、
PCとかのデータ通信もできるし。

About
Contact

過去の記事