留学87日目:イギリス留学中に学生用の銀行口座をLloyds Bank(ロイズ)で開設してきました。その手順と必要なもの。

午前中は、ジムに行って
汗を流し、お昼を適当に作って食べて、
街へ。

イギリスで、銀行の口座を作るために街へ。
口座は、バークレイズか迷って
結局Lloyds Bank(ロイズ)にしました。
口座の種類は、学生向け口座。

開設の手順は、事前に大学で紹介状をもらって、
その後、銀行に行って受付で、
口座を作りたいんだけどと伝えると、
学校からの紹介レターはある?と
聞かれ、事前に学校でもらっていた、
書類をわたしました。

そして、
いま担当者がいないから
予約しましょう。
14時は、どうかしら?
と聞かれアポイトメントをとる。

14時に受付に行き、
名前を呼ばれて、個室へ案内される、
担当は、シニアディレクターだったかな。
すごいフレンドリーな人だった。

ファミリーネームが読めなくてなんて読むのって聞いたら、
わたし自分の名前嫌いなの。
だからスーって読んで。って言われたから
スーって日本語でビネガーって
意味だよって教えてあげたら、
大爆笑。


2013-12-12 14.18.54


簡単な質問と雑談をしながら
たんたんと手続きをしてくれた。
ロイズは口座開設に厳しいとか
ネットに書いてあったけど、
本当なのだろうかうたがわしいくらい。

 

いつから来たの?とか、
兄弟はいるの?
関係ない質問ばっかだったな。
あとは、デビット機能とか、
ネットバンキングとかの要望を
伝えて、
その後、ネットバンキングの、
IDとパスワードを入力して、
手続き完了。

お金入れる?って聞かれたから
100£だけ入れてもらった。

なんかいろいろ大変かと思ってたけど、
あっさり。

あとは、
銀行のカードとPINが別々に、
とどくのでそれを受け取っておわり。
ポストに届くらしい。
手渡しじゃないのか・・。

口座は、たぶん、学校からの紹介状さえ
あれば簡単に作れるんだなー。
と思った。

開設に必要な提出する持ち物も結局、
住所を証明するものはいらなかったし。
パスポート、ビザ、紹介状
だけで解説できた。
自分が大学院だからかな。

ちなみに紹介状は、
大学のインターナショナル学生向けの
相談所ですぐに発行してもらえました。

その後とはいえ
なんかいろいろ疲れたので、
チキンを食べて休憩。


2013-12-12 14.48.46

その後、図書館ですこし、
勉強しつつも疲れたので、
早めに帰って、寝る。。。

その後、勉強をするはずが、、、
部屋の整理に走ってしまい、、、
つかれてまた寝る。
あっ、、、、


食事合計:£5
朝:コーンフレーク 0.3 プロテイン1
昼:パスタ 0.5
夜:チキン 3 バナナ 0.2
━━━━━━━━━━━
本日の出費:
チキン 3
───────────
合計:£3
━━━━━━━━━━━

About
Contact

過去の記事