『本のこと』についてのブログ記事

2 3 4 5 6 7 8 9 10次の10件→

グランズウェルは噂通りなかなか興味深い本だった。

取り急ぎ、気になった部分をメモ。

======
インターネットから何かを削除するなんてできない。
それは、プールから小便を取り除こうとするようなものだ。
======
インターネットの第1段階は、すべての人をネットワークにつなぐことだった。
インターネットおおの第2段階は、人々が働き、暮らし、遊び、学ぶ方法を変える。
======
インターネットからコンテンツを削除しようとして、
逆に広めてしまう現象を「ストライサンド効果」と名付けた。
======
グランズウェルとは社会動向であり、人々がテクノロジーを使って、
自分が必要としているものを企業などの伝統的組織ではなく、
お互いから調達するようになっていることを指す。
======
テクノロジーだけでなく、関係に焦点を合わせるべきだ
=====
新しい方法で人と人をつなぐツールは、そうでないツールよりも短期間で広まる。
ネットにおける「短期間」とは、年ではなく、週、月単位の変化を指す。
=====
グランズウェルの肝は関係をつくることにある。
より面白く、多様な関係を生み出すツールや、交流の頻度を高める
ツールは受け入れられる可能性が高い。
それがグランズウェルの求めている物だからだ
======
グランズウェルは2つのもので構成されている。
1つはテクノロジー、もう一つは人間だ。
=======
グランズウェルの住人

創造者
批評者
収集者
加入者
観察者
不参加者
=======
5つの目的
耳を傾ける/話をする/活気づける/支援する/統合する
=======
我々は参加者に2つの課題を与えた。
一つは、今後3年間で顧客との関係がどう改善されるかをイメージすること、もう一つは、
グランズウェルに参加することで生じる問題を明らかにすることだ。
=======
サイマス・ブランディング
「ブランドは企業ではなく、顧客に属する」
=======
グランズウェル時代においては、聞くことはたやすい。
聞かないことは、今や罪ですらある。
=======

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business School Press)
シャーリーン・リー ジョシュ・バーノフ
翔泳社
売り上げランキング: 55891

パレアナは生きる上であるゲームをしている。

それは、「喜ぶ」というゲーム

「ゲームはね、なんでも喜ぶことなのよ。
喜ぶことをなんの中からでもさがすのよ。
──なんであってもなの」

 

少女パレアナ (角川文庫クラシックス)
エレナ・ポーター
角川書店
売り上げランキング: 23998

自分も20代後半・・・。(あっという間だったなぁ。)

結果をだしてきたかと言われると、
なんともいえない・・・(だしたような、だしてないような・・・)

結果を出す人の[20代]のすごし方
小宮 謙一
大和出版
売り上げランキング: 34056



本書は、 自分が2、3年前くらいにハマった小宮さんの著書。
(サイン会にも参加した記憶がある。)
久々に著者の作品を読んでみた。

自分自身が20代を経過してなんとなくつかんできた重要なこと。それと同じことが、
本書の中でもいくつか書かれており、改めてそのことに気付かされた。

気になる部分を4つにまとめてみた。

ディスニーのミッションは
「すべてのゲストにハピネスを提供する」
ことです。

ディズニーのホスピタリティの秘密。

それは、顧客満足度(ES)を常に考えつつも、
従業員満足度(CS)を高めることにも惜しまない姿勢

あるのだと思う。

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
福島 文二郎
中経出版
売り上げランキング: 82


本書の中で書かれていた点としては、

・自主性の尊重
・個々のリーダーシップ
・リーダーとして行動

などが目についた。

スタッフ一人一人が自発的、自主的に考え行動し、
それぞれがリーダーシップを発揮する。
そしてそれを管理するリーダーも
相手の気持ちを読取り、
いかに気持ちよく成長できるかを考える。

そんな環境の循環ができているからこそ、
人々に感動を与えられる空間ができあがるのだと感じた。

1時間もかからずにさっくりと読める本。
人を管理する人も、管理されている人も、
一度読んでみると参考になる書籍だと思う。

 
会社はもちろん、上司や先輩が、
トレーナーたちの自主性を尊重し、
自由に考え行動できる裁量を与えているからです。

女性のためにこっそり役に立とうとするのは男性と決まっているからさ。

この著者の作品の面白さは、
最期に予想もしなかったどんでん返しな展開が待ち受けていることだと思う。


カササギたちの四季
カササギたちの四季
posted with amazlet at 11.08.01
道尾秀介
光文社
売り上げランキング: 151466



本作品は、それを逆手にとった作品な気がする。

事件を無事解決する探偵のような存在がいる。
そしてその彼の推理によって無事、事件は解決する。

・・・かのようにみえるが、
それは実は主人公がいろいろな工作をしたおかげ。

2人の駆け引きが読んでいてなかなか楽しい。
そんな作品。

人生において失敗をしないためには、まず失敗とは何かを知り尽くす必要があるんだよ

人が泣くのはとりかえしのつかないことが起きてしまったときだけでいいんだ。
だからお前は泣かなくていい。
泣いてはいけない。

自分のチーズが大事であればあるほど、それにしがみつきたくなる

人は現状のままが好きだ。

変わらないのが幸せ。
変わる必要なんてない。
今、この時が一生続けばいい。

そんな、
現状維持のバイアスに苛まれて生きているのが人間なのかもしれない。

チーズはどこへ消えた?
チーズはどこへ消えた?
posted with amazlet at 11.08.01
スペンサー ジョンソン
扶桑社
売り上げランキング: 323


でも、変わりたくないと思っていても、
日々時代は変化する。

過去に縛られてなにもしなければ、
なにもない人間になってしまう。

チーズはどこへ消えたは、
ネズミのかわいいエピソードを通じて、
"変わること"の大切さを学べる一冊だと感じた。

 
物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと。問題を複雑にしすぎないこと。恐ろしいことばかり考えて我を失ってはいけない。小さな変化に気づくこと。そうすれば、やがて訪れる大きな変化にうまく備えることができる。変化に早く適応すること。遅れれば、適応できなくなるかもしれない。最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない。

「学べば<固>、すなわち頑固でなくなる。」

昔よく、「漫画でわかる論語」みたいな本を呼んでいた。
トイレの中で毎日のように・・・。

だから、論語は自分の思考の中で結構よく使われている。

たとえば


「過ぎたるは及ばざるが如し」


「巧言令色すくなし仁」

とか。

これらのフレーズは、
日常よく思い出し、行動の指針となる。

論語力 (ちくま新書)
論語力 (ちくま新書)
posted with amazlet at 11.08.01
齋藤 孝
筑摩書房
売り上げランキング: 120391

私がどうしても滅びてほしくない1つおの民族がある。それは日本人だ。
ポール・クローデル

本書では、

昔の日本人が海外からどのようにみられていたか?

ということがが書かれている(いいことがメイン)。


誠実さだったり真面目さ、
「真」「誠」「美」
といった現代の日本人が忘れつつある心。

グローバル化が進む現代で、自身を差別化するためにも、
古きよき日本の心を持つことは重要
だと思う。

そんなコトを強く感じた一冊。

日本人達は好奇心が強く、知識欲が旺盛で、質問は限りがありません
フランシスコ・ザビエル

人間が学ぶのは人生を豊かに生きるためである。

子どもが13歳になるまでは脳の発達が著しく、
それをクリティカルエイジと呼ぶそうだ。

 

IQ200になる習慣
IQ200になる習慣
posted with amazlet at 11.08.01
苫米地 英人
東洋館出版社
売り上げランキング: 8504

 

その時期に、
自発的に楽しみながら”考える”っていう習慣を作ってあげることで、
抽象度が高く(広い視野でものごとを考えられるように)なって、
IQが伸びるそうだ。

本書では、IQを高める方法として、
それには読書や楽器の演奏などを勧めていた。

13歳を過ぎてしまっている自分には、
クリティカルエイジの法則は利用できないけれど、
”考える”ってことの重要性に新たに気づかせられた気がする。


ある日、何もかもがガラッと変わって、すべてがうまくいくなんてこと、世の中では絶対にない。どんなものでも少しずつ、ちょっとずつ変わっていくもんやと思う。

大人はだれだって一つ位、人にはいえない秘密がある。
大きなモノ、小さなモノいろいろ。

でも、その秘密がとてつもなく大きなものだったら?
大阪の男が持つ秘密。

 

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
万城目 学
文藝春秋 (2011-04-08)
売り上げランキング: 769

 

それは大阪の中には密かに・・・があるということ。
その秘密を守るために男達は団結する。

ある意味、
ロマンチックでバカな男のお話。
そしてそれを影で支える女の話でもある・・・。

読み始めたら面白くていっきに読んだ。


2 3 4 5 6 7 8 9 10次の10件→
About
Contact

過去の記事