『ビジネス書のこと』についてのブログ記事

2 3 4 5 6次の10件→

グランズウェルは噂通りなかなか興味深い本だった。

取り急ぎ、気になった部分をメモ。

======
インターネットから何かを削除するなんてできない。
それは、プールから小便を取り除こうとするようなものだ。
======
インターネットの第1段階は、すべての人をネットワークにつなぐことだった。
インターネットおおの第2段階は、人々が働き、暮らし、遊び、学ぶ方法を変える。
======
インターネットからコンテンツを削除しようとして、
逆に広めてしまう現象を「ストライサンド効果」と名付けた。
======
グランズウェルとは社会動向であり、人々がテクノロジーを使って、
自分が必要としているものを企業などの伝統的組織ではなく、
お互いから調達するようになっていることを指す。
======
テクノロジーだけでなく、関係に焦点を合わせるべきだ
=====
新しい方法で人と人をつなぐツールは、そうでないツールよりも短期間で広まる。
ネットにおける「短期間」とは、年ではなく、週、月単位の変化を指す。
=====
グランズウェルの肝は関係をつくることにある。
より面白く、多様な関係を生み出すツールや、交流の頻度を高める
ツールは受け入れられる可能性が高い。
それがグランズウェルの求めている物だからだ
======
グランズウェルは2つのもので構成されている。
1つはテクノロジー、もう一つは人間だ。
=======
グランズウェルの住人

創造者
批評者
収集者
加入者
観察者
不参加者
=======
5つの目的
耳を傾ける/話をする/活気づける/支援する/統合する
=======
我々は参加者に2つの課題を与えた。
一つは、今後3年間で顧客との関係がどう改善されるかをイメージすること、もう一つは、
グランズウェルに参加することで生じる問題を明らかにすることだ。
=======
サイマス・ブランディング
「ブランドは企業ではなく、顧客に属する」
=======
グランズウェル時代においては、聞くことはたやすい。
聞かないことは、今や罪ですらある。
=======

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business School Press)
シャーリーン・リー ジョシュ・バーノフ
翔泳社
売り上げランキング: 55891

フリードマンは「個人がグローバルに競争する時代」をG3.0と名付けている。


「世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人」はとに書く面白い本だった。
前半は、グローバル化に関する説明、後半はグローバル化に対応するための努力方法
が書かれている。


世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人
キャメル・ヤマモト
幻冬舎
売り上げランキング: 118941


個人的になんとなく思っていた部分が
しっかりと明文化されていたので、自身の考えに対する自信がついた。

著者は本書の中で、
人材が今後3つに分かれると主張している。
それは、以下。

自分も20代後半・・・。(あっという間だったなぁ。)

結果をだしてきたかと言われると、
なんともいえない・・・(だしたような、だしてないような・・・)

結果を出す人の[20代]のすごし方
小宮 謙一
大和出版
売り上げランキング: 34056



本書は、 自分が2、3年前くらいにハマった小宮さんの著書。
(サイン会にも参加した記憶がある。)
久々に著者の作品を読んでみた。

自分自身が20代を経過してなんとなくつかんできた重要なこと。それと同じことが、
本書の中でもいくつか書かれており、改めてそのことに気付かされた。

気になる部分を4つにまとめてみた。

ディスニーのミッションは
「すべてのゲストにハピネスを提供する」
ことです。

ディズニーのホスピタリティの秘密。

それは、顧客満足度(ES)を常に考えつつも、
従業員満足度(CS)を高めることにも惜しまない姿勢

あるのだと思う。

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
福島 文二郎
中経出版
売り上げランキング: 82


本書の中で書かれていた点としては、

・自主性の尊重
・個々のリーダーシップ
・リーダーとして行動

などが目についた。

スタッフ一人一人が自発的、自主的に考え行動し、
それぞれがリーダーシップを発揮する。
そしてそれを管理するリーダーも
相手の気持ちを読取り、
いかに気持ちよく成長できるかを考える。

そんな環境の循環ができているからこそ、
人々に感動を与えられる空間ができあがるのだと感じた。

1時間もかからずにさっくりと読める本。
人を管理する人も、管理されている人も、
一度読んでみると参考になる書籍だと思う。

 
会社はもちろん、上司や先輩が、
トレーナーたちの自主性を尊重し、
自由に考え行動できる裁量を与えているからです。

私たちは、選択肢が増えれば増えるほど
自由を手にしているようで、逆に判断が難しくなっているのです。

やっぱり行動経済学は面白い。

人間ってやっぱり感情があるし、
それ抜きでは人を語れない。

行動経済学はその感情をふまえた上での、
学問だからおもしろい。

これをしっかりと知っていれば、
仕事や、プライベートなどで、
人の行動の先が読めるのはもちろん、
自分自身が変なバイアスによって動かされていないか
といった行動の見直しができると思う。

マンガ 行動経済学入門
マンガ 行動経済学入門
posted with amazlet at 11.07.15
友野 典男 明治大学友野(行動経済学)ゼミナール生
PHP研究所
売り上げランキング: 55660


本書はその行動経済学を
マンガ+説明で優しく学ぶことができる入門書としてお勧めの一冊。
以下に印象に残った内容をメモ。

人はなぜか、
サービスで先手を打たれるとうれしくなるらしい。

究極のサービスをするためには、
お客様のことを常に考えることが重要なんだと思う。

リッツカールトンのすばらしい接客はよく話題になる。

本書で書かれているのは、
顧客ロイヤルティ(CS)と従業員ロイヤルティ(ES)について。」

やはり双方が高くなければ意味が無い
というかなりたたないのだろう。

読んで気になった部分をメモ。

 

リッツ・カールトン 超一流サービスの教科書
レオナルド・インギレアリー ミカ・ソロモン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 19736


コトラーを含む著者が、新しい時代のマーケティングについて言及した本。

時代が変わればマーケティングの考え方も変化する。
企業中心だったマーケティングが、ヒトを主軸としたマーケティングに変化した。

そこで主軸となるのが、ソーシャル・メディア。
企業はその中で生きなければ生きていけない。
(とはいえまだまだ、それがなかなか難しいのが現状だろうけど・・・。)

現在、この社会の中で起きつつある変化を学ぶことができる良書。
個人的に気になる部分をメモ。

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則
フィリップ・コトラー ヘルマワン・カルタジャヤ イワン・セティアワン
朝日新聞出版
売り上げランキング: 1097

この本は、ついタイトルに惹かれて手にとった。

営業で1番になる人のたった1つの習慣、
それは、すごいシンプル。
でも、営業ではない自分でも納得できる。

それは、

トップにアプローチする

なかなか方法は難しい。
できないけど、でも一番効果的な方法。

未曾有の経済不況に、震災が重なり、
どこの企業もサイフのひもをきつく締めている。

そんな中

決定権はだれがもつのか?
効率的な営業とは?

と考えると、この考え方になるのかもれない。
本書は、トップにアプローチをする理由から方法まで、
シンプルでわかりやすく
書かれている。
気になった部分をメモ。

 

営業で1番になる人のたった1つの習慣
森 功有
中経出版
売り上げランキング: 41888

仕事に関してひとつだけわかったことがあります。
それは、自分ができることを、
とにかくひたむきにやることが何より大切だということです。

『プロ論。』の著者が描く、 書くための心得。

本書は、小手先の文章術(ライティングのテクニック)を書いたものではなく。
文章を書く人として「本質的な心得」を書いたもの。

小手先のテクニックで、うまい文章を書くよりも、
自分がメッセージを届けたい相手にいかに伝わる文章を書くことができるのか?

そのヒントを本書から得ることができたような気がする。

書いて生きていく プロ文章論
上阪 徹
ミシマ社
売り上げランキング: 24212

情報は人々の福音となる。
広告や情報ビジネスに関わる物は、どこかそうした思いをまだ持っている。
しかし、それは錯覚なのだろうか。

「電通とリクルート」という本書のタイトルだけをみると、
電通とリクルートで働いていた方が、2つの企業の社風などについて説明した本なのかなと思う。

でも本書はそうではない。
本書を書いた方は博報堂で働いていた方だ。

本書は電通とリクルートという2つの企業の
歴史や未来を通して、
過去から現代、未来のメディア(広告)の変化をみつめる本である。

 

電通とリクルート (新潮新書)
山本 直人
新潮社
売り上げランキング: 61401

2 3 4 5 6次の10件→
About
Contact

過去の記事