『本のこと』についてのブログ記事

←前の10件1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次の10件→

たぶん、この世界には隠れているもの、見えないものがいっぱいあるんだろう。
虹のように、ほんのちょっとしたことで姿を現してくれるものもあれば、
長くてつらい道のりの果てに、やっと出会えるものもあるに違いない。

小学生の仲良し3人組は、
ある目的のために近所の老人と知り合いになる。
その目的は人の死について知るための観察であった。

最初はただ老人を、観察していただけの主人公たち。

だが、老人との交流を深める中で、
しだいに、さまざまなことを学ぶことになる。

 
夏の庭―The Friends (新潮文庫)
湯本 香樹実
新潮社
売り上げランキング: 2966

そして最後に、
主人公たちが老人から学ぶことは・・・。

自分の今やっている作業なり選択が、その最終的なカタチとしてどのような結果を
生み出すのかを、いつも考え、意識しておかなければならないということです。
その想像力において、責任を持って行動するということです。

ワイルド・ソウルの感想を語るなら、

「とにかく、面白い。」

この一言につきる、かもしれない。

ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
垣根 涼介
幻冬舎
売り上げランキング: 49369


昔、日本の政策により、
アマゾンへ移民することになった、日系アマゾン移民たちがいた。

なんとなく、タイトルに
ひかれ読んでみた本、「残酷人生論:池田晶子」。

冒頭で、こう語られている。


甘くみるな
この書は懊悩の書ではない
しかしまた、慰撫の書でもない
何の書かと言うと、たんなる思考の書である


そして、著者は、こう語りかける。

考えることは、悩むことではない

わからないことは、悩まず、
わからないことは、考えれるべきだと。
そしてその考える行為が人を強くすると。

残酷人生論
残酷人生論
posted with amazlet at 11.03.25
池田 晶子
毎日新聞社
売り上げランキング: 209968

できる人間ほど会社を自ら辞めていこうとする。
そして出来ない人間ほどクビを怖がり、組織にしがみつこうとする。

リストラ請負人シリーズの第2弾でもある、
「借金取りの王子」を読んだ。

借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)
垣根 涼介
新潮社
売り上げランキング: 126359


実際には存在しない?リストラ請負会社。

その会社でリストラされることとなる人間の行動を通して、
自分自身の行動もなんとなく見直すことができる。
この小説はそのような本だと思う。

言うまでもなく、この世に永久運動というようなものは存在しない。
しかし手入れを怠らず、想像力と勤勉さという昔ながらの燃料さえ切らさなければ、
この歴史的な内燃期間は忠実にそのサイクルを維持し、
我々の車両は前方に向かって滑らかに――
あくまでいけるところまでということだが――進行し続けるのはあるまいか。
僕はそのような物語の「善きサイクル」の昨日を信じて、
小説を書き続ける。

村上春樹のコラムやライナーノーツ、インタビューなど
著者自身がセレクトした今では読めないお話が掲載されている本、
「村上春樹雑文集」を読んだ。

村上春樹 雑文集
村上春樹 雑文集
posted with amazlet at 11.03.25
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 274


やはりこの人の文章は非常に面白い。

2作目の「牡蠣フライの話」を読むだけでも、
この本を買う価値があるかもしれない。
(個人的にこの話が好きだった)

インターネットマーケティングの
カンファレンスにおいて、アメリカでは、
「SEO」「PPC」とならび、「ソーシャルメディア」がすでに
第3のマーケティング手法に位置づけられているのだ。

映画も公開され、日本でも徐々に
ブレイクしつつある?SNS、「Facebook」。

まだまだ会員がmixiやGreeと比べると少ない分、
ビジナスに活用するには早いかもしれないけれど、
このまま行けば、日本のビジネスにおいても
重要なウエイトを占めるようになるかも??・・・しれない。

Facebookをビジネスに使う本
熊坂 仁美
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 701


「Facebookをビジネスに使う本」
はそのような考えを持った人が一番最初に手にする本かもしれない。

わたしたちに、ほんとうに必要なものは、
「いま、この瞬間」を、心から受け入れることです。

”さとり”とは何だろう?
本書のなかの言葉を引用すれば、

さとりとは、苦しみの終わりである

となる。

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
エックハルト・トール Eckhart Tolle あさり みちこ 飯田 史彦
徳間書店
売り上げランキング: 10444


「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」は、
300ページ近い分厚い本だ。

でも結局言いたいことはシンプルなことななんじゃないかと思う。
それは、、、

今の時代は頑張れば報われるとはいいがたいものです。
それよりも、自分にとって「好き」「楽しい」「ラク」を貫くほうが
なにごともうまくいくんじゃないですか、
とちきりんは考えています。

おちゃらけ社会派ブロガーとして、有名なちきりんさんの
ブログの内容をいくつかピックアップし、
書籍化した本、「ゆるく考えよう」を読んだ。

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
ちきりん
イースト・プレス
売り上げランキング: 271


本書で書かれていることは、
一般的な人たちが考えていることとは、
180度くらい? 違うことが書かれているなと感じた。

だれでも仕事をしているひとは、
『自分の仕事がどんなふうにして人のために立っているのか、
そしてそれをみとめてもらえているのか』を、
一番気にしているんだ。

大ヒットした「もしドラ」を感じさせる表紙で、すこし気になっていた
「女子高生ちえの社長日記」を読んだ。

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?
甲斐莊 正晃
プレジデント社
売り上げランキング: 2449


ざっくりあらすじ

主人公は、とあるスピーカーメーカーの社長の娘。

社長であった父親の突然の死により、
後をつがなくてはいけなくなった・・・。

「アップルはただの会社ではない・・・
アップルとは、一つの姿勢であり、プロセスであり、
視点であり、考え方である」

自分はいままでずっと、Windowsを使ってきた。

が、今では、自身もiPodを愛用し、iPhoneも愛用している。
ノートPCも今後買うなら、Macするかもしれない・・・。

スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?
マイケル・モーリッツ
プレジデント社
売り上げランキング: 72009


いままで、Win一筋できた、
自分のような人間でさえ魅了するMacno魅力とはなんなのか?

「スティーブジョブスの王国」には、
Macを作り出した際の苦悩や試練が描かれている。


←前の10件1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次の10件→
About
Contact

過去の記事