『ネットのこと』についてのブログ記事

←前の10件1 2 3 4 5 6 7 8次の10件→

C-netででてた
Windows Live Writerを早速使ってみました。

この記事はWindows Live Writerをつかって書いてみました。

使うときのポイントとして、
設定の最初のパスワードのところは、
MTのパスワードではなく、
WEBサービスのパスワードをいれるという点。

 070604
↑ココで設定
(影はWLWで自動でつけてくれました。)

これは、
なかなか使いやすいです。

Web2.0マーケティングフェアにいってきました。

http://www.web20-expo.jp/

SEO、アクセス解析、LPO、CGM
などなどいろいろと出展されていました。

たくさん資料があるので、
これからチェックです。

最近のASPのブログは、
記事に良く絵文字がついてます。

クボログもひそかにいいなぁと思っていたんですが、
MTだからなぁとあきらめていましたニコちゃん(アンハッピー)

でも考えてみれば、MTにアイコンのプラグイン(Plugin)がない訳がない。
すぐに見つかりました。。。ニコちゃん(ハッピー)

InsertIcon

導入方法もわかりやすくのっていたので、
サイトを参考に早速導入雷

アイコンは、GIGAZINEさんで紹介されていた、

Crystal Icons

Silk Icons Preview

を使いました。
なかなか良い感じです勲章
安っちいアイコンじゃないんで、使いやすいです。
アイコンはいくらでも増やせるようです。

絵文字を使いすぎるもの微妙ですが・・・・。

くぼろぐ(kuboblog)、、、
サーバーを変更です。

Movable TypeでMYSQLを使ったときの、
ロリポップの遅さ、サーバーのエラーに耐え切れず、、、
サーバーを移行しましたニコちゃん(ハッピー)

まず、
チカッパを申し込みました。
1周年記念で初期費用が無料でラッキー音符

っで、
最初はMYSQL(ロリポップ)⇒MYSQL(チカッパ)
でやろうと思ったのですが、エラーで移行できず、、、ニコちゃん(驚き)

悩んだ末、
MYSQL(ロリポップ)⇒SQLite(ロリポップ)⇒sqlite.dbをチカッパのサーバーにアップ
という手順をとりました。

MYSQL(ロリポップ)⇒SQLite(ロリポップ)
ここで参考にしたのが、ここ
Movable Type 3.2のSQLite移行方法

mt-db-convert.cgiを使ってSQLiteに移行。
mt-config.cgiを修正。

ロリポップのファイルすべてをチカッパのサーバーに変更して、
パーミッションを調整し、MT内の設定をチカッパサーバーに変更。

で無事終了。ロケット

MYSQLに変更しようと思いましたが、
SQLiteが思ったよりサクサク動いてくれるので、
しばらくはこのままで行こうと思います。

チカッパにかえてしばらくたちましたが、
安いわりになかなか良いですね。親指

以前にGoogle Sitemapは導入しましたが、
Yahoo、MSNについては導入していなかったので、
やってみました。

Yahooについては、
ココの説明が非常に、
わかりやすかったので、参考にしました。

まずは、
ヤフーサイトエクスプローラー(Yahoo! Site Explorer)に登録です。

で、それと並行して、
ヤフー、MSN サイトマップ用のSitemap 0.90のXMLを自動生成する、
MTのテンプレを作ります。
ココを参考にしました。
※sitemap0.90は、Google、Yahoo、MSNの提携らしいです。

ror.xmlができたら、先ほどのYahoo! Site Explorerで
フィードの登録です。

タグを仕込むようにいわれるので、
それとあわせて、MSN用のタグを挿入。
MSNのサイトマップはタグを仕込むだけでいいらしいです。

19日に導入して、
今日20日にYahooの認知されているインデックス数を測定しましたが、
9サイトが15サイトになっていた
のでコレは効果があるじゃないでしょうか。

余談ですが、
クボログ(くぼろぐ)がビジネスブログランキングのディレクターのところで
1位になってました。
たまたま一時的にあがっただけだと思いますが、
うれしいですね。

ビジネスブログランキング

ブログの最新情報やアーカイブ一覧、コメント一覧などをおく
メニューエリアの部分をどちらにおくか。

左右に置く3カラム構成もあるけれど、
これでは、記事エリアの幅が狭くなってしまい、
個人的にあまり好きではありません。

一昔までのWEBであれば、
メニューは、右か左かだったら左に置くということは
常識でした。
右において怒られたこともありました・・・。
Zの法則を守れということでしたね。

ただ、最近、
ブログを見ると、右カラムの構成のものも
増えてきました。
じゃあ、どっちがいいのか??

それは、ココココココココココココを参考に見てみると、


★右の利点━━━━━━━━━━
・右利きにとっては、使いやすい

・ブックマークとメニューがかぶらない。

・記事が長くなるブログの場合必ず、スクロールバーがでるので、
 スクロールバーの近くにメニューを置いたほうがカーソルの移動が少なくてすむ。
 人はマウスカーソルを無意識のうちに右もってくるクセがあるようです。

・SEO対策として。
 左にメニューをおいた場合は、左側のメニューを先にクロールする。
 ただ、右にメニューを置いた場合は左にある記事エリアから先にクロールされるとのこと。
 ※コーディングの仕方しだいだと思いますが…。

・Macのデスクトップは右寄がデフォルトでそれに慣れている。

・人は左から右に読むため、左にコンテンツがあったほうが良い
(検索で入ってきたユーザーなどは記事から先に呼んでその後メニューを見る可能性があるため)


★左の利点━━━━━━━━━━
・人は左から右に読むため、左にメニューがあったほうが良い

・昔はドコも左寄せが暗黙の常識だった。

・Windowsのデスクトップは左寄がデフォルトでそれに慣れている。

・昔は画面の幅が小さく右端が入りきらず、
 右に置くとメニューが切れてしまう可能性があった。

・空間を把握するとき右脳を使うため、右脳が司る左側に注意が向く。それによって私生活ではヒトは左を好むらしい。


じゃあどちらがいいかというと、、、
最近の傾向として、メニューは左という考えはもうなくて
サイトの意図や方向性に合わせてかえていくということが必要なようです。

kuboblogでは、
右カラム構成を採用しました。


今後のトレンドは個人的に右カラム構成だと思っています。

「kubolog - クボログ:久保のブログ - 」は、
2007 3/25にFC2ブログからムーバブルタイプに移行しました。

移行してしばらくたちますが、
いくつか気になった点を書こうと思います。


・インポート、エキスポートで楽に記事が移行できるわけではない。
画像は表示されます。ただ、昔のサーバーのURLになっていますので、
画像のあるブログはすべての画像をアップロードしなおし、全ての
記事の画像のパスを直さなければなりません。
なにかソフトを使えば、楽にできるかもしれませんが、、、

あと、記事の形も昔のブログのものなので、
改行等がうまくいかない場合もあります。
「kubolog - クボログ:久保のブログ -」は、
改行がすべて消えてしまったので、全ての記事をひとつひとつ
再構築しなおしました。
ただこれは、記事数の多いブログではキビしいかもしれません、、、


・トラックバックした方のURLが変わる
トラックバックをして記事をあげた場合あげた先の記事に、
自分のブログへのリンクがはれられます。
移行してインポートした場合、TBやコメントは引っ張ってこれますが、
相手先のTBのURLを直すことはできません。
もう一度TBして再構築する必要があるでしょう。
ただ同じ人が2度もTBすればスパムと思われる危険もありますが、、、


・ブログ検索に引っかからなくなる。

エキスポートした記事は、
ブログ検索には認知されないようです。
再構築、pingの再送信をしてもひっかかりませんでした。。。
コレを解決できる方法は不明です・・・。

ブログ検索からの流入もかなりあるので、
これは、かなりネックになる問題かも知れません。

では、どうするか?

・以前のモノはそのままで移行する

新しいブログに記事を移行しつつ以前のものをのこす。
ただコレは、コピーサイトだと、認知され、
googleなどのクローラーからはじかれる
危険性があるようです。

・過去の各記事のURLを.htaccessで自動転送させる
過去の記事のURLにアクセスがあると、自動的に新しいブログの移行した記事に
飛ぶようにようにする。
これがベストな気がします。
これをすれば先ほどのTBの問題も解決できます。

ただ、ASPのブログを使っている場合は、
.htaccessを置けるのかがネックになるんでしょうが・・・。

ただ、あまり調べてないので他にも方法はあるんでしょう。


テンプレートを作る方法もあるようです。
htaccessで転送設定をする方法はココとか参考に。
各ASPサービスのインポート/エキスポート情報はココとかココ


※ここに書いた点はあくまで自分のブログで起きたもので、他のブログで同じ問題が起きるとは限りません。


TCTAG:

Google Sitemapへの登録方法。

Google Sitemapとは、
サイトマップを使ってグーグルのクローラーに情報提供したり、
ここにありますよ!って指示したりできるそうです。

くわしく知りたい方はココが参考になりました。

これでGoogleに細かいページをクロールさせることができるのかな。

ココなどを参考に
MTでsitemap.xmlを自動生成できるようしました。

作り終えたら、
ウェブマスターツールから
Google Sitemapに登録します。
さぁ効果は!?

あっ、
ヘルプにこんな記載があるみたいなので、
効果はありそうですね。

----------------------------
このプログラムによって、通常とは異なる方法でウェブクロールが行われるわけではありません。このプログラムを使用するかどうかにかかわらず、サイトは従来の方法でクロールされ、インデックスに登録されます。異なる点は、サイトマップを使用しなければ見つからないような情報もクロールできるようになるという点です。
----------------------------

ココココをみるとヤフーやMSNもあるみたいですね。
今度やってみようと思います。

カテゴリーのパス。

たとえば、このブログなら、
「犬」ってカテゴリーのパスは、

/dog/

になってます。
※現在このカテゴリーは廃止。

通常何も考えずに日本語にすると、
cat なんたらになります。
自分はあまりコレは好きじゃないです。。。

今回は、カテゴリーを最初につけるときに、

英語でカテゴリーをつくって、
それから日本語に変更しました。

犬だったら、
最初は、「dog」でつくって、
その後「犬」に変更しました。

でも、
ここをみると、
3.3からは大丈夫みたい・・・。

各アーカイブページの、
サイドバーのコメント・トラックバックが最近の記事と同様、カテゴリに依存。

コレも直しました。
小粋空間さんを参考にモジュール化しようとしたのですが、
うまくいかず、、、

Recentsというプラグインを使いました。

ココからプラグインを落とし、FTPでアップ。

パーミッションを変更し、サンプルのタグを参考に記述

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<!-- コメント開始 -->
<div class="module-header">COMMENT</div>
<div class="module-content">
<ul class="module-list">
<MTEntriesRecentlyCommented comment_lastn="5" mode="force">
<li class="module-list-item"><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a>
<ul class="module-list">
<MTRecentComments>
<li class="module-list-item"><a href="<$MTEntryPermalink$>#comment-<$MTCommentID$>">└ <$MTCommentAuthor$></a>(<$MTCommentDate format="%m/%d"$>)</li>
</MTRecentComments>
</ul>
</li>
</MTEntriesRecentlyCommented>
</ul>
</div>
<!-- コメント終了 -->
<!-- トラックバック開始 -->
<div class="module-header">TRACKBACK</div>
<div class="module-content">
<ul class="module-list">
<MTEntriesRecentlyPinged ping_lastn="5" mode="force">
<li class="module-list-item"><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a>
<ul class="module-list">
<MTRecentPings>
<li class="module-list-item"><a href="<$MTPingURL$>" target="_blank">└ <$MTPingBlogName$></a>(<$MTPingDate format="%m/%d"$>)</li>
</MTRecentPings>
</ul>
</li>
</MTEntriesRecentlyPinged>
</ul>
</div>
<!-- トラックバック終了 -->
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正解だからわからないけど、
表示できたからOK。


←前の10件1 2 3 4 5 6 7 8次の10件→
About
Contact

過去の記事