ひかりTVを自宅に導入が、WHR-Gで2820エラーが発生・・・。⇒IPv6パススルーの設定で、無事解決

引越しをして、以前はケーブルテレビでみていた
日経CNBCとかMTVとかが見られなくなった・・・。

別にいいかなとか思ってたけど、
通常の放送だけでは、やはり我慢できず・・・。

いろいろ悩んだすえ、ひかりTVを導入。
やはりケーブルよりも価格が安いのが決め手だった。

IMG_0151 

ひかりTVの価格の安さ

家の近辺のケーブルテレビが、月々4000円くらいで、初回費用もかかるのに対し、
ひかりTVなら、月々3200円程度しかもいまなら初期費用はタダ
見られる番組も結構多い。

ケーブルテレビは、地域で1社しか入れないから、
見られるチャンネルとか、値段があわないと微妙・・・。
自分の以前に住んでいた地域の標準チャンネルとくらべると、
今の地域のケーブル会社のラインナップは微妙だった。

早速、申し込み

申し込んでから、1週間くらいで、設定のための商品が到着。

さっそく取り付ける。
フラットLANケーブルの10Mのものが標準でついているのはちょっとうれしい。

本体もソニーのブラビアにHDMIケーブル一本で
つなげればいいだけなので、 取り付けも楽でした。

取り付け完了・・・がエラー。


取り付けもすんで、無事視聴といくかと思いきや、、、

「エラーが発生しました。お客さまの接続環境をご確認のうえ、再度お試しください。 エラーコード:2820」

なぜ?? ものすごいあせった。

ルーターは、BUFFALOのWHR-G。
フレッツのサービスを使うためのIPv6パススルー機能は搭載しているはず。。。

サポートに電話するも、窓口が違いますといわれ、
電話番号を教えられたが、
その番号は、ケータイからはつながらず・・・

自分で何とかするしかない

と思い、いろいろしらべていたら、、、
ものすごい初歩的なこと・・・・。

IPv6パススルー機能(フレッツ・ドットネット/フレッツ・v6アプリ)の設定方法
http://www.zqwoo.jp/bfqa/show_c/BUF10494

IPv6パススルー機能を使用するフレッツサービスを利用する場合、製品の
IPv6パススルー機能を「使用する」設定に変更する必要があります。


IPv6パススルー機能は、ルーターの初期設定では無効になってたんですね・・・

ブロードバンド放送を視聴する
http://buffalo.jp/download/manual/html/air1010/router/whrg/chapter21.html

↑このページを参考に、

無線LANの管理ページを開く(192.168.11.1)⇒TOPにあるブロードバンド放送の設定をクリック⇒フレッツIPv6サービスを"使用する"にチェックを入れる⇒設定ボタンを押す。


っで、無事設定できました。

ひかりTVの感想


ついでに、ひかりTVを使ってみたクチコミ・感想もちょっと書いてみます。

映像や画質については、 GYAOとかストリーミングを見てるときみたいな、
映像の遅れとか途中でとまったりとかは、一切ありません。
ストリーミングとは、また違った技術なのかな。
PC側でなにかをダウンロードしているときとかも特に映像が乱れるようなことはないみたいです。

ただ、ブラビアだと、
ディスカバリーチャンネルHDとかFOX HDとかハイビジョン対応のチャンネル以外は、
全画面に対応してないので、枠ができちゃうみたい・・・。
いずれ、ハイビジョン化していけば、消えるかな・・・。
まぁ、そこまで気になりません。
ひかりTVにして良かったです。今のところ・・・。


追記:
ひかりTVでまた別の問題が発生したので、以下にまとめました。



ひかりTVがパソコンを起動しないと(シャットダウンしてると)映像が乱れる現象について





[改訂3版] 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説
きたみ りゅうじ
技術評論社
売り上げランキング: 4002

About
Contact

過去の記事